保険無料相談サービス

プロが教える保険のウラワザ

優先順位

保険基礎知識


大富豪の仕事術

ホーム > 保険無料相談サービス > 保険無料相談、訪問型と、店舗型どちらがおすすめ?



保険無料相談、訪問型と、店舗型どちらがおすすめ?


 保険相談サービスには、ショッピングセンターなどにある保険ショップに訪問するもの(店舗型)と、FP(ファイナンシャルプランナー)が自宅に来てくれるもの(訪問型)の2つのタイプがあります。それぞれの特徴をまとめますので、どちらが自分に合っているのかヒントになればと思います。


訪問型の特徴

 保険に強いFPが自宅に来て相談に乗ってくれるサービスは保険マンモスなどが提供しています。保険相談の際には、現在加入している保険証券や、場合によっては家計簿や通帳、住宅ローンの明細などの資料があると便利。外出して相談に行く際にはその書類を持って行くのは大変ですし、忘れるといったことも起こります。保険を契約する場合に、印鑑を間違えて持ってきたしまった、ということも起こりえます。自宅に訪問してもらう場合には、必要な書類や印鑑などを忘れる心配がないのは大きいでしょう。

 またお子さんが小さいと外出しての相談も大変。お子さんが小さい場合には自宅に訪問に来てくれるサービスはありがたいのではないでしょうか。なお訪問型のサービスでも、もちろん担当FPの事務所に行って相談することも可能です。その場合はキッズスペースがない場合も多いので、お子様連れの場合には確認が必要です。

おすすめの訪問型サービス

>保険マンモス公式サイト

>保険ライフ公式サイト

>OZ-i公式サイト

店舗型の特徴

 最近、店舗数も増えているのが、保険ショップで保険相談を行うサービスです。 ショッピングセンターなど立地のいいところにあるので、買い物ついでに気軽に立ち寄ることができるというメリットがあります。キッズスペースなども用意されているところが多いので、お子様連れでも安心です。全国展開しているショップであれば、引越しをした場合でも系列の別の保険ショップで引き続き対応、相談が可能してくれるというメリットもあります。


おすすめの店舗型サービス

>ほけんの窓口
生命保険 見直し
>保険クリニック

訪問型、店舗型どちらを選ぶ?

 保険を相談する際に最も大事なのは、FPの質。その点、訪問型も店舗型も保険に精通したプロであるファイナンシャルプランナー(FP)が相談を担当しますので、どちらを選んだとしても安心できます。ただ、店舗で対応するFPより、訪問型サービスのFPの方が保険に関する経験豊富で、保険業界での実績もある方が多いように感じます(もちろん個人差があります)。少なくとも訪問型の場合、事前にFPの名前がわかりますのでホームページなどを検索して、前もってそのFPの顔写真や実績、コラムなどを確認できる場合があります。その点では安心できるかもしれません。

 それでも自宅に招くには抵抗があるな、と思う方は多いでしょう。その場合は店舗型を利用しましょう。上でも少し述べましたが、店舗での相談を担当するFPは、複数の保険会社の商品を研究し、相談実績を積み、FPの資格も持っているからこそ、店舗での対応を任されているわけです。また引越しをする可能性がある方は全国にショップを展開する店舗型だと引き続きそちらで相談や保険加入後の対応をお願いできるので安心です。

 FPに自宅に訪問してもらうより、こちらから店舗を訪問する方が心理的な敷居はやはり低いと思います。店舗型も自宅訪問型も相談は無料ですので、ほけんの窓口のような店舗型(保険ショップ)でまずは相談してみて、 納得がいかない場合には、保険マンモスのような訪問型サービスでも 相談してみる、そんな使い方も可能です。



保険の無料相談で、月々の保険料が35,430円から18,029円に!
【なんと1年で、208,812円も安くなりました!】

>保険見直し相談で保険料を安くできる理由



累積相談実績100万件以上、契約継続率97%以上

なんでこんなにお得なサービスが無料なの!?<保険無料相談サービスの仕組を解説>
保険無料相談サービスとは

管理人が選んだ保険相談サイトランキングbest3

■関連記事
・無料保険相談サイトランキング
・訪問型の保険無料相談サービスとは
・店舗型保険ショップ、新規オープン店舗のご紹介
・来店型保険ショップでの保険無料相談サービスの特徴
・爆笑THEフライデーにも紹介された保険マンモスのメリットと相談方法