保険無料相談サービス

プロが教える保険のウラワザ

優先順位

保険基礎知識


大富豪の仕事術

ホーム > 保険無料相談サービス > 保険無料相談サービスを受けるのに必要なもの(申込時、初回相談など)



保険無料相談サービスを受けるのに必要なもの(申込時、初回相談など)


 保険の相談をファイナンシャルプランナー(FP)にする場合、保険マンモスなどの無料相談サービスを行っているところを利用するのが合理的です。保険を専門にしているFPで、複数社の保険会社の商品に精通しているプロのコンサルティングを無料で受けることができるからです。無料ということから「しつこく営業されるのではないか」という心配をする方もいます。ごもっともなことですが、サービスを提供する側もそこまでレベルの低いFPとは提携しないので心配は無用です。実際、例えば保険マンモスの利用者アンケートでは、約89%の人が「保険マンモスの無料保険相談サービスを友人・知人に教えたい」と回答しています。

では、実際に保険無料相談サービスを使って、相談を行う際にはどんなものが必要でしょうか。以下に簡単にまとめます。



申込時に必要なもの

保険無料相談サービス 申込時に必要なもの

 申込時には、WEBサイトから名前や連絡先を入力するだけでOKです。WEBでの申込後、サービス運営会社のオペレーターから連絡が入り、日程調整を行います。面談を希望する日は1つだけでなく、あらかじめ2つか3つ程度は候補を用意しておくと望ましいです。また、現状の保険についてのお悩みについて簡単にでもまとめておけば、申込時やオペレーターとのやり取りの中で伝えられます。例えば学資保険について相談したいということを伝えておけば、学資保険や教育費に詳しいFPや、小さいお子さんがいて教育費のことをご自身でも悩まれているFPなど、より適したFPの紹介を受けることが可能になります。


保険無料相談サービス 初回相談時に必要なもの

 実際に相談をする際には、現在加入している生命保険、医療保険の問題点があるのか、ないのか、あるとすればどこが問題なのか、といった診断を行うことになるかと思います。そのためには現在加入している保険の保険証券を用意しておくと良いでしょう。個人で加入した保険だけでなく、会社で加入している保険などもあればそちらの資料も用意しておきたいところ。せっかくのよい機会ですから保険証券だけでもまとめておき、自分がどんな保険に加入しているのかを整理するのもプラスになるでしょう。




突っ込んだ相談に必要なもの

 初回の相談を経て、そのFPさんが信頼できそうで、実際に保険の見直しプランを作ってもらいたい、ということになれば、家計の状況を伝える必要があります。必要補償額を計算するには、例えば現在の支出の状況だったり、貯蓄額だったり、住宅ローンについての情報だったり、会社の死亡退職金や弔慰金といった情報が必要不可欠だからです。お子さんがいらっしゃればお子様の教育計画(どういう進路を歩んで欲しいのか)なども必要になってきます。

 現在の家計の状況を把握したり、お子さんの教育計画を含めたライフプランを改めてご家族で話し合ったり、というのは保険見直しをする、しないに関係なく大事なことではないかと思います。そういったきっかけになるというのも保険無料相談サービスを利用する間接的なメリットであると言えるでしょう。



保険の無料相談で、月々の保険料が35,430円から18,029円に!
【なんと1年で、208,812円も安くなりました!】

>保険見直し相談で保険料を安くできる理由



累積相談実績100万件以上、契約継続率97%以上

なんでこんなにお得なサービスが無料なの!?<保険無料相談サービスの仕組を解説>
保険無料相談サービスとは

管理人が選んだ保険相談サイトランキングbest3

■関連記事
・津田沼の保険相談、保険ショップのオススメはどこ?
・銀行窓口販売と来店型保険ショップを比較した場合のメリット・デメリット
・医療保険EVER とCUREの保険料比較
・生命保険料控除新制度旧制度両方ある場合の計算式
・生命保険料控除の計算と賢い利用方法