保険無料相談サービス

プロが教える保険のウラワザ

優先順位

保険基礎知識


大富豪の仕事術

ホーム > 保険無料相談サービス > 銀行窓口販売と来店型保険ショップを比較した場合のメリット・デメリット



銀行窓口販売と来店型保険ショップを比較した場合のメリット・デメリット

 最近は保険ほっとラインや保険クリニック、ほけんの窓口などの来店型保険ショップでの保険相談が人気です。銀行窓口でも保険の相談や契約はできるようになりました(銀行窓販と呼ばれたりします)。銀行という看板があるとよりよい保険相談をしてくれそうなイメージもありますが、ここでは銀行相談窓口は保険ショップと比較して何が違うのか、を明らかにします。それぞれのメリット、デメリットをまとめ、賢い利用法を考えます。


保険ショップと銀行窓口の違い:扱う保険会社は?

 来店型保険ショップ(保険ほっとライン、保険クリニック等)も、銀行保険相談窓口もともに、複数の生命保険会社の商品の中から相談者に最適な保険を選び提案してくれる、という点は共通したメリットだと考えられます。では保険ショップと銀行保険相談窓口とを比較した違いは何か、というと、扱う保険会社の数が違う、ということが挙げられます。一般的に銀行窓口で扱うことのできる生命保険会社は来店型保険ショップ(保険ほっとライン、保険クリニック等)と比較して少ないです。この点が銀行保険相談窓口のデメリットとも言えます。



保険ショップと銀行窓口の違い:入れる保険商品は?

 保険相談窓口を保険ショップ(保険ほっとライン、保険クリニック、ほけんの窓口等)と比較した場合、銀行窓口で扱える生命保険会社の数は少なく、したがって選べる保険商品の数も少なくなってしまいます。個人年金保険などの資産運用商品や医療保険等で、銀行オリジナルな商品が存在する場合もあり、これは銀行保険相談窓口のメリットになります。しかし、その銀行オリジナルな保険を作っているのは保険会社であり、その保険会社には基となる保険商品があるわけです。銀行オリジナルな保険に加入するより、保険ショップ(保険ほっとライン、保険クリニック、ほけんの窓口等)でその保険会社の元々の商品を自分好みに設計してもらう方がメリットは大きくなるでしょう。


保険ショップと銀行窓口の違い:担当するファイナンシャルプランナーは?

 来店型保険ショップで相談を担当するのはファイナンシャルプランナーの資格を持った相談員。保険ショップでは顧客満足度を高めるため、相談員の育成、研修に力を入れています。保険やライフプラン等に詳しい相談員が相談を担当することになります。この点は銀行も同じ。一般的にファイナンシャルプランナーの資格を持ち、研修等で保険知識を磨いた担当者が担当します。預金や資産運用を提案する人とは別に保険相談専門の担当者を置いている場合が多いので、相談者の質、という点では両者に違いはないと考えてよいです。保険ショップ(保険ほっとライン、保険クリニック、ほけんの窓口等)でも銀行窓口でも担当者の質という点では心配は不要でしょう。


保険ショップ、銀行窓口の賢い使い方

以上保険ショップと銀行保険相談窓口の比較を行いました。なお銀行のカウンターの中に、保険ショップが併設されている、という場合もあります。この場合、本記事の中での「保険ショップVS銀行窓口」という比較でどちらにあたるのかといえば、保険ショップと見做してよいです。

両者とも複数の保険会社の中から保険が選べるというメリットは共通しています。しかし保険ショップ(保険ほっとライン、保険クリニック、ほけんの窓口等)は銀行保険相談窓口と比べると、一般的に扱う保険会社、保険商品の数で優れていると言えます。

従って、保険相談をしてみようと思い立ったら、まずは来店型の保険ショップの利用を検討する方が賢いと言えます。もしその保険ショップでの提案に納得がいかない、というようなケースでは近くの銀行保険相談窓口を利用し、提案内容を比較してみるのが、賢い活用方法と言えます。



保険の無料相談で、月々の保険料が35,430円から18,029円に!
【なんと1年で、208,812円も安くなりました!】

>保険見直し相談で保険料を安くできる理由



累積相談実績100万件以上、契約継続率97%以上

なんでこんなにお得なサービスが無料なの!?<保険無料相談サービスの仕組を解説>
保険無料相談サービスとは

管理人が選んだ保険相談サイトランキングbest3

■関連記事
・保険ほっとラインの評判、口コミ
・来店型保険ショップでの保険無料相談サービスの特徴
・医療保険EVER とCUREの保険料比較
・生命保険料控除新制度旧制度両方ある場合の計算式
・生命保険料控除の計算と賢い利用方法