保険無料相談サービス

プロが教える保険のウラワザ

優先順位

保険基礎知識


大富豪の仕事術

ホーム > 保険見直しのポイント > 保険見直しの優先順位



保険見直しは優先順位をつけて行う


 保険加入の優先順位は、まず「死亡保障」が最優先。医療保障は一般的には後回しでよい。もちろんそれぞれのライフプラン、家計の状況によって異なってくるので迷ったらファイナンシャルプランナー(FP)に相談を。

保険見直しにも優先順位がある

 保険のことを勉強していくと「あの保険に入らなくては、この保険にも入らなくては・・・」と感じる方は多いようです。お金が無限にあるのなら気になる保険全てに加入してもよいわけですが、そういうわけには行きません。保険にも優先順位を付けて加入していく必要があるのです。


家計に与える影響が大きいものほど、優先順位が高い

 ではその優先順位はどのように考えていけばよいのでしょうか。それは家計に与える影響が大きいかどうか、で判断します。例えば会社員の方が数日ケガで入院をしたからといって家計に大きなインパクトがあるわけではありません。有給休暇を使えば入院中でも給料がカットされるようなことはないですし、数日の入院であれば病院に支払うお金で貯金が底をついてしまうということもないからです。一方で万が一死亡してしまった場合は、その後に残された家族にとっては、今まで存在した収入が途絶えることになります。もちろん遺族年金という国の制度はありますが、残された配偶者やお子様の今後の生活のお金、お子様の今後の教育費はそれだけでは十分ではありません。一家の大黒柱が万が一死亡した場合、家計に与えるインパクトはとても大きなものになります。




まずは死亡保障を最優先、医療保障の優先順位は下げてよい

 このように保険の優先順位は家計に与える影響の大小で判断します。具体的に言えば、一番優先度が高いのは「死亡への保障」となります。死亡はしないが働けない、という「就業不能への保障」も充実させたいところです。今後は「介護への保障」についても優先度は高くなるでしょう。逆に医療保障の優先順位は低くても大丈夫。強いて言えば治療にお金がかかる「がんへの保障」は通常の「医療保障」よりも優先順位を高くすることになるでしょうか。

 またお子様への優先順位は下げて構わないと思います。お子様が亡くなられた場合、悲しみは大きいでしょうが家計に与える影響はほとんどないからです。このように保険の見直しに際しては優先順位を考えていく必要があるのです。


保険の優先順位の一般的な考え方(各世帯によって異なります)

保険の優先順位一覧表

保険見直しの優先順位は、世帯によって様々。迷ったらプロに相談も

 一般的には上で示したような優先順位をつけて保険を考えていく必要があります。もちろんこれはあくまで一般論。その方の家計の置かれた状況やライフプランによって異なってくる場合もあります。

 例えば、若くして結婚をしたご夫婦。もしまだ貯蓄がさほど貯まっていない状態では数日の入院でも家計が逼迫する恐れがあります。この場合医療保険の加入は他の人と比べると優先順位は高くていいです。またまだ若いのでがんの心配はしばらくいらないかもしれません。そうであれば、がん保険よりも一般的な医療保険を優先して加入していくという考え方も成り立ちます。

 このように保険の優先順位は、貯蓄の多い・少ないなど家計の置かれた状況や、その方が将来どんな人生を歩みたいかというライフプランによって異なってくるわけです。その点、やはりファイナンシャルプランナーなどの保険のプロに相談するのが合理的です。相談だけなら無料という場合も多いですので、無料保険相談サービスなどを使ってみるのもよいかもしれません。



保険の無料相談で、月々の保険料が35,430円から18,029円に!
【なんと1年で、208,812円も安くなりました!】

>保険見直し相談で保険料を安くできる理由



累積相談実績100万件以上、契約継続率97%以上

なんでこんなにお得なサービスが無料なの!?<保険無料相談サービスの仕組を解説>
保険無料相談サービスとは

管理人が選んだ保険相談サイトランキングbest3

■関連記事
・保険無料相談サービスとは
・津田沼の保険相談、保険ショップのオススメはどこ?
・爆笑THEフライデーにも紹介された保険マンモスのメリットと相談方法
・保険の選び方のポイント - はじめて講座
・保険無料相談サービスを受けるのに必要なもの(申込時、初回相談など)