保険無料相談サービス

プロが教える保険のウラワザ

優先順位

保険基礎知識


大富豪の仕事術

ホーム > 保険見直しのポイント > 医療保険の見直し



医療保険の見直し


本当に医療保険が必要なのかシミュレーションをしてみる

 医療保険では、入院をすると1日○○円(例えば5,000円)が、1入院あたり××日(例えば60日)まで支給される、というのが基本になります。その他に手術に対する給付、通院への給付などもありますがやはり保障のベースとなるのは入院への給付です。医療保険に加入したいという方は多いですが、『保険見直しは優先順位をつけて行う』でも述べたように、医療保険への加入は多くの場合、必ずしも優先順位は高いとは言えません。それは入院時に必要な保障額は、死亡時の保障額などと違い何千万円といった金額にはならず、家計に大きな影響は与えないからです。

 最近の医療保険は1回の入院で60日までしか入院給付金を支給しないものが多いですが、これを例にとってみます。入院して日額5,000円であれば1回の入院で最高30万円までが支給されることになります。その他手術などの費用がかかっても50万円程度になるでしょうか。日額10,000円の保険でも100万円程度という計算になります。つまり入院時に使っても大丈夫な貯金が50万円~100万円程度あれば医療保険代わりになるということです。

 また次のような計算もできます。入院1日あたり5,000円が支給される医療保険(終身)の保険料が月額1,800円(年間21,600円)だったとします。今後生きている間、10年に一度30日程度の入院をすると仮定するとします。この際に受け取れるお金の合計は5,000円×30日=150,000円。一方、この10年で支払う保険料は21,600円×10年で216,000円となります。これであればお金を貯蓄しておく方がよかった、ということになります。医療保険はこのように色々なシミュレーションをしやすい保険です。本当に医療保険が必要なのか、加入前には試算をしてみるとよいでしょう。




公的医療保険制度や、会社の福利厚生もチェック

 医療保険の優先順位は低くて構わない背景には、公的医療保険制度や会社の福利厚生がしっかりしている、ということがあります。例えば現在の公的医療保険には高額療養費制度という制度があり、通常の世帯であれば80,100円以上の医療費の自己負担をした場合は、それを超える金額についてはほとんど負担をしなくてよいことになっています。この制度を使えば通常であれば1ヶ月10万円程度の自己負担で済むはずです。

 また会社によっては、月○万円以上(たとえば月3万円以上)の自己負担に対しては後で還付されることもあったりします。また有給休暇を使い切った場合でも通常は1年6ヶ月の間は給与の2/3相当の金額が受け取れる、傷病手当金という仕組みもあります。医療保険を検討している方は、高額療養費制度と傷病手当金についての知識は必須ですが、意外とあまり知られていません。きちんと理解をすれば、会社勤めをされている方は医療保険は無理に加入する必要はないことがわかるはずです。


医療保険が必要な人、必要な場面

 以上見てきたように、会社勤めの方であれば医療保険の優先順位は低くて構わないと思いますが、逆に会社の経営者や個人事業主などで自分が入院してしまうと会社や事業が回らなくなる、というような方であれば入院への備えは必須になってきます。また貯蓄があまりない方はちょっとの入院負担が家計に重くかかってくるでしょうから、医療保険の加入の優先順位は高くなります。入院時には絶対に個室に入りたいので差額ベッド代の確保が必要、という方も医療保険の検討は必要です。

 次のような場合も医療保険が必要かもしれません。それは長期の入院を迫られるとき。本当に家計が逼迫するのは長期間の入院をしたときだからです。最近では入院も短期化しているため、期間の入院をカバーする医療保険が人気ですが、医療保険にもし加入するのであれば長期間の入院保障があるものを選ぶ方が安全なのではないかと考えます。最近では生活習慣病のように長期間入院する可能性がある病気での入院だけは1入院の保障日数を増やす、というような医療保険も出てきています。

 長期間の療養に備えるという意味では、長期間の入院だけでなく「入院はしないが長期間働けない」という事態にも備えることができる「就業不能保険」と呼ばれる保険も有力な候補となるでしょう。


医療保険の検討をした方がよいのは

 医療保険は多くの人にとっては必ずしも必要ではありませんが、もちろん日本の財政悪化が懸念される中で今後、公的医療保険制度や会社の福利厚生面が改悪の方向に向かうことへの自衛措置として健康な今のうちに加入しておくという考え方もあります。医療保険は特に健康面で加入を拒否されることが多いためです。医療保険の見直し時は、ライフプランや各世帯の家計の状況、公的医療制度の現状や将来などまで、総合的に考えていく必要があると言えます。



保険の無料相談で、月々の保険料が35,430円から18,029円に!
【なんと1年で、208,812円も安くなりました!】

>保険見直し相談で保険料を安くできる理由



累積相談実績100万件以上、契約継続率97%以上

なんでこんなにお得なサービスが無料なの!?<保険無料相談サービスの仕組を解説>
保険無料相談サービスとは

管理人が選んだ保険相談サイトランキングbest3

■関連記事
・女性用医療保険の見直し
・がん保険の見直し
・学資保険、子ども保険の見直し
・生命保険の見直し 死亡保障の見直し やり方
・生命保険の見直し 死亡保障の見直し 考え方