保険無料相談サービス

プロが教える保険のウラワザ

優先順位

保険基礎知識


大富豪の仕事術

ホーム > 保険見直しのポイント > あなたのがん保険は抗がん剤治療に対応していますか? / がん保険見直しの必須ポイント



あなたのがん保険は抗がん剤治療に対応していますか? / がん保険見直しの必須ポイント


 がんの治療はちょっと前までは手術による治療が中心でした。しかし最近は手術以外の治療法も充実してきています。「放射線治療」や「抗がん剤治療」などです。今回は「抗がん剤治療」「分子標的治療薬治療」とがん保険の見直し相談のやり方について考えます。

抗がん剤治療とは

 抗がん剤治療は薬でがん細胞をやっつける治療法です。目に見えるがん細胞を手術や放射線治療で取り除いた後、身体のどこかに残っているかもしれないがん細胞を抗がん剤治療で退治するのが、抗がん剤治療と考えればいいでしょう。つまりどちらかと言えば転移や再発を防ぐために用いられる治療法と言えると思います。

 抗がん剤治療は全身に散らばっているがん細胞をやっつけることができるというのがメリットになりますが、一方で、全身に作用するということは、がん細胞だけでなく正常な細胞にも影響を与えてしまうということ。副作用が発生する可能性があるというのがデメリットになります。副作用を抑えるために、副作用の種類が異なる数種類の抗がん剤を少量ずつ併せて使うというような工夫をする場合もあります。

 抗がん剤治療はまとまった数日間を1クールとして、数クールに分けて治療を行っていきます。1クールの治療後には、治療効果や副作用の状況をチェックし、少し間をおき次クールの治療を行います。近年では「分子標的治療薬」という治療法も確立されています。がん細胞の中でがん細胞の増殖に必要な分子を標的にし、その作用をおさえるという治療法です。副作用が一般の抗がん剤より少ないと言われています。





抗がん剤治療、分子標的治療薬とがん保険

 従来のがん保険は、がんで入院したら1日○万円が受け取れ、また手術をしたらその種類に応じて○万円が受け取れる、というようなものがほとんどでした。保障がこれだけの場合、抗がん剤治療を受けたとしてもお金を受け取ることはできません。

 しかし、最近のがん保険では、抗がん剤治療についての保障がついているものが多くなっています。例えば「抗がん剤治療を受けた月は10万円の給付金が受け取れる」というような保障です。ご自身のがん保険が抗がん剤治療に対応しているか、一度確認してみることをお勧めします。

 こうした最新の治療に対応したがん保険になっているか、がん保険を見直してみるとよいでしょう。もし自分ひとりではがん保険の見直しができそうもない場合は、保険マンモスのような訪問型保険相談や、みつばち保険ファームや保険クリニック、ほけんの窓口等の来店型保険ショップなどの無料相談を利用してみるとよいかもしれません。


保険の無料相談で、月々の保険料が35,430円から18,029円に!
【なんと1年で、208,812円も安くなりました!】

>保険見直し相談で保険料を安くできる理由



累積相談実績100万件以上、契約継続率97%以上

なんでこんなにお得なサービスが無料なの!?<保険無料相談サービスの仕組を解説>
保険無料相談サービスとは

管理人が選んだ保険相談サイトランキングbest3

■関連記事
・プロが選ぶおすすめガン保険ランキング2015年
・チューリッヒ生命終身ガン治療保険プレミアムのメリット、デメリットと評判
・あなたのがん保険は放射線治療に対応していますか? / がん保険見直しの必須ポイント
・自由診療がん保険メディコム(セコム損保)のメリット、デメリットと評価の高い理由
・がんベストゴールド(AIG富士生命)が売り止め、がんベストゴールドα