保険無料相談サービス

プロが教える保険のウラワザ

優先順位

保険基礎知識


大富豪の仕事術

ホーム > 保険見直しのポイント > あなたのがん保険は放射線治療に対応していますか? / がん保険見直しの必須ポイント



あなたのがん保険は放射線治療に対応していますか? / がん保険見直しの必須ポイント


 がんの治療はちょっと前までは手術による治療が中心でした。しかし最近は手術以外の治療法も充実してきています。「放射線治療」や「抗がん剤治療」などです。ガン保険の見直し相談に行く前にチェックしたい項目の1つが「放射線治療に対応しているかどうか」という点です。今回はがんの「放射線治療」についてまとめます。

がんの放射線治療とは

 がんの放射線治療とは、がん組織に多くの放射線を照射し死滅させる治療法のこと。体を開く手術よりも身体への負担が少ないことがメリットです。

 一方、放射線治療では癌ではない通常の細胞にも放射線が照射されてしまい、その結果副作用が発生するというデメリットもあります。しかし技術の進歩で、放射線照射の精度が増し、副作用も軽減されてきているようです。現在のところ、放射線治療は癌の中でも、前立腺がん、頭頚部のがん、子宮頸がんなどに特に有効な治療法とされています。





放射線治療をお金という観点で見てみると

 放射線治療の多くは健康保険が適用されますし、必ずしも長期間の入院が必要というわけでもありません。つまり経済的負担はそれほど大きくない、という点もメリットといえるでしょう。

 しかし、放射線治療は例えば最初の1か月は週に5回通院しなければならない、というようなこともあり、通院の交通費も考えれば家計には響いてくることも考えられます。そこで最近では各社のがん保険に放射線治療についての保障がつくようになっています。


がん保険の放射線治療についての保障とは

 今までのがん保険は、がんで入院したら1日○万円が受け取れ、また手術をしたらその種類に応じて○万円が受け取れる、というようなものがほとんどでした。保障がこれだけの場合、通院による放射線治療を受けたとしても、保障の対象にはなりません。

 最近のがん保険では「放射線治療を受けたら、1か月あたり○万円を支給する」といったように、放射線治療に関する保障がついたものも増えてきました。また、がんと診断されたら○万円というように一時金が出るタイプの保険は、診断一時金は放射線治療の費用としても使えます。

 放射線治療への経済的な備えは全てを保険でカバーする必要はありませんが、ご自身のがん保険がどのような保障内容になっているかは一度確認してみることをお勧めします。もし自分ひとりではよくわからないという場合は、ほけんの窓口等の来店型保険ショップや保険マンモスのような訪問型保険相談などの無料相談を利用してみるとよいかもしれません。がん保険の最新情報だけでなく、がん治療の最新情報等も教えてくれることもあります。


保険の無料相談で、月々の保険料が35,430円から18,029円に!
【なんと1年で、208,812円も安くなりました!】

>保険見直し相談で保険料を安くできる理由



累積相談実績100万件以上、契約継続率97%以上

なんでこんなにお得なサービスが無料なの!?<保険無料相談サービスの仕組を解説>
保険無料相談サービスとは

管理人が選んだ保険相談サイトランキングbest3

■関連記事
・プロが選ぶおすすめガン保険ランキング2015年
・チューリッヒ生命終身ガン治療保険プレミアムのメリット、デメリットと評判
・あなたのがん保険は抗がん剤治療に対応していますか? / がん保険見直しの必須ポイント
・自由診療がん保険メディコム(セコム損保)のメリット、デメリットと評価の高い理由
・がんベストゴールド(AIG富士生命)が売り止め、がんベストゴールドα