保険無料相談サービス

プロが教える保険のウラワザ

優先順位

保険基礎知識


大富豪の仕事術

ホーム > 保険見直しのポイント > がん保険の見直し



がん保険の見直し


医療保険よりもがん保険

 『医療保険の見直し』でも記述したように、一般的に医療保険の優先順位は低くて構いません。しかし、医療保険の中でも、がん保険に関しては、優先順位を高くしてもよいのではないかと思います。それは、がんの治療はそれなりに長期になり金銭的な負担も大きくなりがちであるからです。がんと宣告された場合は、少しでもよい治療、少しでも良い環境での生活を手に入れるために、お金の心配なく選択肢を考えたいという気持ちになるはずです。がん保険の入院保障は入院日数に制限がありませんので長期間入院になっても安心です。またがん保険には通常「診断給付金」(がんと診断された場合に例えば100万円が支給される)があります。治療の種類に関係なく利用できますので、このお金を使って様々な治療が選択肢となりえます。

 また保険料の安さもがん保険の優先順位を高くしてよい理由の1つです。上で述べたように入院の日数制限がなかったり、診断給付金があったりと、通常の医療保険よりも充実した保障を付加できるにも関わらず、がんという病気のみに特化している分保険料は安くなっています。万が一がんを患ってしまった場合の家計への影響の大きさと保険料負担のバランスを考えると、優先順位を高くするという考え方が成り立ちます。


がん保険と医療保険 どっちを優先?




がん保険の見直し時に注意すべきポイント

 では、がん保険を実際に見直す時に注意すべきポイントはどこにあるでしょうか。最も重視すべき点は「診断給付金」です。「診断給付金」とはがんと診断されれば、○○万円(例えば100万円)が支給されるというものです。これを重視すべきなのは「どんな用途にも使えるお金だから」です。がん保険は通常「手術給付金」を付加できますがこれは手術を受けた場合にのみしか支給されません。放射線治療や抗がん剤治療への保障も最近のがん保険は充実していますがこれらも特定の治療のみの保障となります。一方「診断給付金」として受け取ったお金はどんな治療にも充当させられます。がんの治療は年々進化しています。今後も医療技術の進化によって新たな治療法が登場するかもしれないという可能性も考慮すると、治療法や入院の有無にとらわれずに給付金を受け取れる「診断給付金」は強い味方になってくれるでしょう。

 「診断給付金」に関してはもう1点注意すべきポイントがあります。それは保険会社によっては診断給付金が1度しか支払われない場合もあるということです。今では多くの保険会社で「診断給付金」は何度がんに罹っても複数回支給されるようになってきていますが、がん保険にすでに加入している方は、念のためご自身の加入している保険についての確認をしておくとよいでしょう。

 診断給付金以外に重視すべきポイントとしては、抗がん剤治療や放射線治療などの保障があるかどうかでしょう。最近のがん保険はこれらの治療への保障を強化しています。ただし上でも述べたように診断給付金の保障を厚くすれば、これらの治療費にも対応できますのでこれらを無理に付加するよりは「診断給付金」の保障を厚くする方がよいのではないかと考えられます。また最近のがん保険は「先進医療」への保障も充実しています。こちらも「診断給付金」を厚くすることで対応は可能ですが、毎月100円ほどの安価な保険料で付加できるので迷ったら付加しておけばよいかと思います。


がん保険で重視すべきは「診療給付金」

 がん保険は時代によって商品自体も進化してきています。その背景にはがん治療自体も進化していることがあります。生命保険のプロであるファイナンシャルプランナー(FP)は、保険商品の研究はもちろんのこと、がん治療の実際についても勉強しています(各保険会社主催の勉強会や、がん治療施設の見学会などに参加しています)。がん保険の見直しにはそうした彼らのアドバイスは参考になるかもしれません。




保険の無料相談で、月々の保険料が35,430円から18,029円に!
【なんと1年で、208,812円も安くなりました!】

>保険見直し相談で保険料を安くできる理由



累積相談実績100万件以上、契約継続率97%以上

なんでこんなにお得なサービスが無料なの!?<保険無料相談サービスの仕組を解説>
保険無料相談サービスとは

管理人が選んだ保険相談サイトランキングbest3

■関連記事
・医療保険の見直し
・学資保険、子ども保険の見直し
・生命保険の見直し 死亡保障の見直し やり方
・生命保険の見直し 死亡保障の見直し 考え方
・プロが選ぶおすすめガン保険ランキング2015年