保険無料相談サービス

プロが教える保険のウラワザ

優先順位

保険基礎知識


大富豪の仕事術

ホーム > 保険見直しのポイント > 学資保険、子ども保険の見直し



学資保険の見直しポイント


学資保険の必要性

 学資保険に興味がある方は多いようです。学資保険のベースは「学資を貯める」ことにあります。満期には払い込んだ保険料よりも多少多くのお金が戻ってきますのでそれを例えば大学の授業料の一部に充当させる、というのが学資保険の本来の趣旨です。その他に保険料を払う親が亡くなった場合には以後の保険料は免除になりますので、親の死亡保障としても使えます。

 今の子育て世代の、親の世代が子育てをしたのは金利が高い時代でした。そのため当時の学資保険はそれなりに高い利回りでの運用が可能でした。親の世代にはその記憶が残っている人が多いからでしょうか、「親から学資保険に入ったらと勧められた」という方も多いです。しかし低金利の現在はかつてのような利回りは期待できません。元本割れする(払った保険料を、受け取れる給付金の合計額の方が下回る)商品も存在します

 金利が低いこの時期に学資保険に加入するということは、つまり金利が低い時期に固定金利で運用することと同じことを意味しますが、それは資産運用のセオリーには反します(「金利が高いときは固定金利で運用し、金利が低い時期は変動金利で運用する」というのが一般的なセオリー)。教育費を貯めるためならば、一般的には通常の銀行預金などで対応する方が合理的です。ペイオフの対象となる銀行預金と、ペイオフの対象にはならず保険会社倒産時には払ったお金の全てが戻ってくるわけではない保険商品との比較も考えれば、無理に学資保険に入らずとも銀行預金等の手段でお金を積み立てていくべきかと思います

 「学資保険は、お金を払っている途中に被保険者である親が亡くなった場合に以後の保険料の払込が免除になって学資は確保できるから得だ」とおっしゃる方もいます。しかしそれは別途、死亡保障をきちんと確保しておけばいいだけです。学資保険を検討するよりは死亡保障を充実させる方が優先度は高いと考えてよいでしょう。




学資保険が向いている人は・・・

 以上述べたように基本的にあまり「学資保険」はお勧めをしませんが、学資保険を利用した方がよい場合もあります。それは「貯蓄がニガテ」な人。貯蓄ではいくら貯めてもつい使ってしまう、という方はとても多いです。保険の場合は簡単には解約できませんので、貯金がニガテという人には向いています。


学資保険VS貯金


低解約終身保険も選択肢に

 もし学資を貯めることを目的に学資保険を検討するなら、次のような「低解約返戻金型終身保険(定期保険)」も選択肢になります。これはある一定期間は、解約すると戻ってくるお金が、払い込んだ保険料に比べて低くなる(通常は70%程度)かわりに、その期間を過ぎると払い込んだ保険料よりも多くの返戻金が戻ってくるというタイプの保険です。下図の「X歳」の部分をお子さんが大学入学する年齢などにしてこの保険を使えば、学資の積立に使えます。


通常の終身保険のイメージ


低解約返戻金型終身保険のイメージ

 学資を貯めるだけなら、「学資保険」の方が利回りは高い場合もありますが、低解約返戻金型の保険は上の「X歳」を過ぎれば解約の時期は選びません。図のように解約を遅らせば戻ってくるお金も増えるというメリットもあり、ライフプランに合わせて柔軟に使える点では低解約返戻金型の方に分があります。もちろん途中で解約した場合は払ったお金の70%ほどの金額しか戻ってこないというデメリットもあります。 「妻」の死亡保障を確保しつつ学資を貯めるという2つの目的を達成するために、被保険者を「妻」にして低解約返戻金型終身保険を利用する方も多いです。学資保険に加入すべきなのかどうか、学資保険と低解約型の保険はどちらがよいのか、についてはその方の性格やライフプランなどによって答えも変わってきます。ファイナンシャルプランナー(FP)のコンサルティングを受けながら検討してみるのもよいでしょう。


保険の無料相談で、月々の保険料が35,430円から18,029円に!
【なんと1年で、208,812円も安くなりました!】

>保険見直し相談で保険料を安くできる理由



累積相談実績100万件以上、契約継続率97%以上

なんでこんなにお得なサービスが無料なの!?<保険無料相談サービスの仕組を解説>
保険無料相談サービスとは

管理人が選んだ保険相談サイトランキングbest3

■関連記事
・がん保険の見直し
・医療保険の見直し
・生命保険の見直し 死亡保障の見直し やり方
・生命保険の見直し 死亡保障の見直し 考え方
・おすすめ学資保険比較評価ランキング ~プロが教える賢い学資保険の選び方~