保険無料相談サービス

プロが教える保険のウラワザ

優先順位

保険基礎知識


大富豪の仕事術

ホーム > タイプ別保険見直し事例集 > 子ども独立後の保険見直し



子ども独立後の保険見直し


子どもが独立後は、過度な死亡保障は不要になります。貯蓄がどれだけあるか次第ですが、医療保障や介護保障を充実させておくと安心できるかもしれません。


死亡保障の見直しで保険料を節約

 死亡保障額を決める際には、その一部に「万一があった場合の子どもの教育費・養育費」を計算し含めているはずです。逆に子どもが独立するとその分の死亡保障を削ることができます。死亡保障としては葬式代などの死後の整理費用があれば事足ります。子ども独立後は過度な死亡保障は減額したり、解約したりして保険料を節約するチャンス。老後の長生きリスクに備えるためにも貯蓄に回したいところです。


医療保障は充実を

 死亡保障を減らせる半面、医療に対する備えは充実させておきたいところ。もちろん貯蓄が多くあればそれで対応することも可能ですが、終身保障の医療保険で一生涯の医療保障を確保していると安心できるかもしれません。医療保険には既に加入していても、保障期間が80歳までのものも多いです。一生涯の医療保障を保険で確保するのであれば、できるだけ健康なうちに保険を見直しておくことが望ましいと言えます。



介護保険も検討の余地あり

 老後に向けては介護についての備えも大切になってきます。介護は長期化の可能性がありますし、民間の介護サービス(公的介護保険対象外の介護サービス)の利用は全額自己負担となりますので、いざという時に充実した介護サービスを受けるにはお金の備えをしておく方が安全です。こちらも貯蓄で備える方法もありますが、保険会社から出ている介護保険を利用するのも有効です。

 「老老介護」という言葉があるとおり、介護にあたる家族は高齢化しています。また介護をする方の中には介護を理由に離職、転職をする方も少なからずいらっしゃいます。もちろんお金だけが解決策ではありませんが、お金をかけることで家族の負担を減らすことはできます。介護のお金をお子さんなどの他のご家族・ご親族に頼らないためには、介護保険は1つの選択肢となります。


子どもが独立後は死亡保障が削れる


今加入している保険をうまく活用する

 多くの方は若いときに何かしらの保険に加入しているはずです。若い時期に加入した保険は保険料も安いです。昔入った保険をうまく残しながら、足りない部分をつけたしたり、要らない部分は削ったりして、適切な保障を考えていくことが大切です。例えばガンの治療技術は進化していますので、それに合わせてガン保険も進化しています。昔入ったガン保険では最新のガン治療には対応していないケースもありえます。こんな場合、お子さん独立で不要になった死亡保障を減額して、保険料を節約、その分、保険料が多少高くなりますが、ガン保険を新たに入りなおす、そんなケースはよくあります。何を残して、何を削り、何をつけ加えるべきか。ファイナンシャルプランナー(FP)などの専門家は、保険の最新事情はもちろん、医療や介護の最新事情なども常にチェックしている(保険会社が研修をしてくれることが多い)ので、彼らに相談してみるのも参考になると思います。




保険の無料相談で、月々の保険料が35,430円から18,029円に!
【なんと1年で、208,812円も安くなりました!】

>保険見直し相談で保険料を安くできる理由



累積相談実績100万件以上、契約継続率97%以上

なんでこんなにお得なサービスが無料なの!?<保険無料相談サービスの仕組を解説>
保険無料相談サービスとは

管理人が選んだ保険相談サイトランキングbest3

■関連記事
・メットライフ生命フレキシィ(Flexi)の特徴、評判。またメリット・デメリットについて
・プロが選ぶおすすめ引受緩和型医療保険ランキング2015年
・プロが選ぶお勧め医療保険ランキング2015年
・要チェック!医療保険の手術給付金の最新動向
・医療費控除の計算方法と必要書類 ~医療費控除の基礎知識~