保険無料相談サービス

プロが教える保険のウラワザ

優先順位

保険基礎知識


大富豪の仕事術

ホーム > タイプ別保険見直し事例集 > 結婚した時の保険見直し



結婚した時の保険見直し


夫婦二人なら大きな保障は不要


結婚した時の保険見直しポイント

 結婚前後に2人でじっくり考えたいのが今後の保険のこと。「生命保険はマイホームに次いで高い買い物」とよく言われます。きちんと考えて保険を見直していくことが必要です。

 死亡保障については、大きく「残された家族の生活費・住居費」と「お葬式などの死後の整理費用」が必要になってきます。まず「残された家族の生活費」に関しては、例えば夫が亡くなった場合でも妻は自分で働いて生活費を稼ぐということであれば大きな保障は不要になるでしょう。夫が亡くなった場合は妻の実家に戻る、というようなことであれば生活費のうち住居費に相当する部分は考えなくてもよくなります。夫婦ふたりの家族であればそこまで大きな死亡保障を確保する必要がありません。

 お子さんが生まれると「残された家族の生活費」は大きな保障が必要になります。実際にお子さんが生まれたときに見直せばいいのですが、生命保険は健康状態が悪くなると加入しづらくなります。健康に不安があれば、お子さんが生まれる前であっても少し大きめの保障を用意しておくという考え方も可能です。

 お葬式代などの死後の整理費用に関しては、一般的には300万円~500万円程度と言われます。もちろん貯金があればそれを充当しても構いませんが、終身保険という一生涯保障が続くタイプの保険で保障を確保する方が多いです。終身保険は掛け捨てではなくお金が貯まっていくタイプが多く、貯金代わりにもなる点も好まれている理由の1つです。貯蓄が苦手という方は特にこの、保険を貯蓄代わりに使うという作戦は有効です。もちろん保険に頼らず、こうした費用は貯蓄でカバーするという考え方も成り立ちます。貯蓄が多くない時期だけ定期保険などで保障をつけておくという考え方もありえます。




医療保険は不要だが、ライフプラン次第

 結局、夫婦お互いがどれくらいの保険に加入すべきかは、ライフプランや家計の状況によって異なってきます。貯蓄があればその分の保障は不要になります。会社員であれば医療保険も基本的には不要ですが、貯蓄が少ない場合には加入しておいた方が無難です。逆に個人事業主や会社の経営者などで、自分が病気になってしまうと事業が回らなくなるというような場合には医療保険は必須と言えます。今、会社勤めをしていても将来独立を考えている、といった将来の計画があれば会社員でも医療保険に加入した方が望ましいでしょう。結局まずはライフプランを整理する必要があります。

 結婚した時の保険見直しに関しては、生命保険(死亡保障)も医療保険も、家計の状況やライフプランによって正解は異なってきます。その点、ライフプランについてのコンサルティングから保険の見直しを進めてくれるファイナンシャルプランナー(FP)へ相談してみるのも有効です。またどこかで、そもそもお互い貯金がどれくらいあるのか、お互いが亡くなった場合どういう生活を送りたいのかといったことをきちんと確認しあうことも大切だといえます。改めてこうしたお金の話を切り出すのはなかなか勇気のいることです。FPへの相談はそのきっかけになる場合も多いです。その意味でも結婚した後の保険見直しに、FP相談を利用する価値はあるのではないでしょうか。




保険の無料相談で、月々の保険料が35,430円から18,029円に!
【なんと1年で、208,812円も安くなりました!】

>保険見直し相談で保険料を安くできる理由



累積相談実績100万件以上、契約継続率97%以上

なんでこんなにお得なサービスが無料なの!?<保険無料相談サービスの仕組を解説>
保険無料相談サービスとは

管理人が選んだ保険相談サイトランキングbest3

■関連記事
・住宅・マンション購入時の保険見直し(住宅ローン)
・子どもが生まれた時の保険見直し