保険無料相談サービス

プロが教える保険のウラワザ

優先順位

保険基礎知識


大富豪の仕事術

ホーム > 保険知識 > 生命保険見直し時の保険会社の選び方



生命保険見直し時の保険会社の選び方


知名度の高い大手生保は、一般的には利用価値は低い

 日本生命、第一生命、明治安田生命・・・生保会社といったらこれらの大手の会社がまず真っ先に思い浮かぶのではないでしょうか。テレビのCMなどでおなじみですし、誰もが一度は名前を目にしたことがあるはずです。しかしながら一般的にはこれらの大手生命保険会社の商品は、後発の生保会社に比べると同じような保障内容でも保険料が高くなってしまう傾向にあります。個人がこれらの会社から加入するメリットはあまりないと考えてよいでしょう。

 実際、某大手の日系生保会社の人に話をきいたのですが、今は法人契約の保険(社長の借入に対しての死亡保障や節税対策としての保険加入)がターゲットだ、と言っていました。法人保険では、経営者とのつきあい、商品以外の税務の知識、会社としての知名度などが大事で、保険料自体はさほど重視されないからです。もちろん一契約あたりの保険料も個人のものと比べて段違いに大きいという事情もあるでしょう。




カタカナ生保、ひらがな生保、ネット生保を活用したい

 では、我々個人がつきあうべき保険会社はどこになるのでしょうか。アフラックやソニー生命、オリックス生命といったカタカナ系生保(外資系生保を含む)や、損保会社の子会社にあたる生保(東京海上日動あんしん生命や三井住友海上あいおい生命などのいわゆる「ひらがな生保」)の有効活用を考えたいところです。

 カタカナ生保やひらがな生保は後発組ということもあって各社、特徴的な商品を出しています。これらの会社の商品の中から、良いとこ取りをする姿勢が大事だと言えるでしょう。保険専門の独立系ファイナンシャルプランナーは通常複数の保険会社と提携をし、商品を研究しています。ライフプランやその方の家計に合った保険を設計してくれます。保険選びや保険見直しの際には、彼らへ相談してみるのが効率的だと言えます。


生命保険会社の種類リスト


 保険料の安さであれば、いわゆるネット系生保の活用も有効です。保険のことを自分で勉強して、必要な保障や保障額も自分で計算できるのならばこれらの会社を利用するとよいでしょう。ネットで完結する分、加入できるかの審査が厳しくなったり、非喫煙者への割引や健康な人への割引がなかったり、といったデメリットもあります。自分で見積もりをした後に、上記のようなファイナンシャルプランナー(FP)への無料相談サービスを利用して、さらに有利なものはないかを探すといったことをやってもよいかもしれません。またそうしたプロに、自分で勉強した保険の知識についてセカンドオピニオンとして利用するといった利用方法もあるでしょう。


保険の無料相談で、月々の保険料が35,430円から18,029円に!
【なんと1年で、208,812円も安くなりました!】

>保険見直し相談で保険料を安くできる理由



累積相談実績100万件以上、契約継続率97%以上

なんでこんなにお得なサービスが無料なの!?<保険無料相談サービスの仕組を解説>
保険無料相談サービスとは

管理人が選んだ保険相談サイトランキングbest3

■関連記事
・生命保険料控除新制度旧制度両方ある場合の計算式
・生命保険料控除の計算と賢い利用方法
・生命保険を使った相続対策 ~特定の人に財産を渡す~
・生命保険を使った相続対策 ~死亡保険金の相続税非課税限度額を使う~
・知っておきたい!消費税増税8%が生命保険手数料に及ぼす影響と可能性