保険無料相談サービス

プロが教える保険のウラワザ

優先順位

保険基礎知識


大富豪の仕事術

ホーム > 保険知識 > 保険のプロや専門家が選ぶ保険の特徴と具体例



保険のプロや専門家が選ぶ保険の特徴と具体例


 保険会社のコマーシャルはテレビでよく見かけますが、コマーシャルで宣伝している保険というのは保険会社が売りたい商品であり、コマーシャルで流れている保険=保険商品として良いもの、という図式は必ずしも成り立たないと考える方が無難です。「人気の保険」と「専門家が選ぶ保険、プロから見てよい保険」というのは必ずしもイコールではありません。保険のプロが顧客にとってベストな保険を選ぶ際は、「保険料が安い」「オンリーワンの部分がある」ということだけでなく「保険金の支払い時の対応」という点も重要な要素になります。


プロが選ぶ保険の特徴

 ほけんの窓口などの保険ショップ、保険マンモスなどの保険無料相談で活躍する、保険の専門家(ファイナンシャルプランナーなど)には、知名度うんぬんではなく、相談者にとってベストな保険商品が好まれます。相談者にとってベストな保険とは端的に言えば、「保険料が安い保険」か「他社にはない保障がつけられるオンリーワンの部分がある保険」です。彼らは複数の保険会社の商品の中から比較検討した上で保険設計を行います。もちろん、相談者の価値観やライフプランなどによってもどれがベストの保険かというのは異なりますので、それらを聞きだしながらコンサルティングしていきます。



プロは、保険の出口(保険金の支払い)まで考えて保険を選ぶ

 プロが選ぶ保険では「保険加入後の対応」「保険の出口での対応(保険支払い時の対応)」というのも重要な要素になってきます。その中でも特に大事なのが、実際に保険金を受け取る場面。過去自分自身が体験した事例の中で、保険金の支払い時にトラブルがなかったり、できるだけスピーディーに保険金を払ってくれたり、そんな保険会社は評価が高くなります。こうした判断はなかなか一般の方が自分自身ではできない部分かと思います。保険加入後の対応への評価も合わせて保険のアドバイスできるというのが保険ショップ等でFPなどの保険の専門家に相談する1つの意義なのではないかと思います。ほけんの出口まで含めたアドバイスが欲しければ、やはりほけんの窓口などの保険ショップ、保険マンモスなどの保険無料相談に相談するのがベストです。


プロが選ぶ保険の例

 週刊ダイヤモンドの2013年3月9日号は「もうだまされない保険選び」という記事の中に「プロが選ぶ保険ランキング」が載っています。

 プロが選ぶ保険医療保険部門では、CURE(オリックス生命)が1位。「健康のお守り」(損保ジャパン日本興亜ひまわり生命)と、「メディフィットA(エース)」(メディケア生命保険)が並んで2位でした。新EVER(アフラック)、メディカルKitR(東京海上日動あんしん生命)、やさしくそなえる医療保険(メットライフアリコ)、じぶんへの保険とじぶんへの保険プラス(ライフネット生命)、カチッと医療(アクサダイレクト生命)、新医療保険α(三井住友海上あいおい生命)などがランキング上位となりました。

 おそらくCURE、健康のお守り、メディカルKit、新医療保険αなどは「オンリーワンの部分がある」保険、メディフィットAや、じぶんへの保険、カチッと医療などは「保険料が有利な」保険、新EVERは「保険料が有利」という観点と「出口での対応がすばらしい保険」という観点でランクインしたのではないかと思います。



保険の無料相談で、月々の保険料が35,430円から18,029円に!
【なんと1年で、208,812円も安くなりました!】

>保険見直し相談で保険料を安くできる理由



累積相談実績100万件以上、契約継続率97%以上

なんでこんなにお得なサービスが無料なの!?<保険無料相談サービスの仕組を解説>
保険無料相談サービスとは

管理人が選んだ保険相談サイトランキングbest3

■関連記事
・銀行窓口販売と来店型保険ショップを比較した場合のメリット・デメリット
・医療保険EVER とCUREの保険料比較
・生命保険料控除新制度旧制度両方ある場合の計算式
・生命保険料控除の計算と賢い利用方法
・メットライフ生命フレキシィ(Flexi)の特徴、評判。またメリット・デメリットについて