保険無料相談サービス

プロが教える保険のウラワザ

優先順位

保険基礎知識


大富豪の仕事術

ホーム > 保険見直しに使える保険商品 > オリックス生命の医療保険CUREの特徴、評価



オリックス生命の医療保険CUREの特徴、評価


CUREは保険の見直し時に検討に入れたい人気商品

 オリックス生命は掛け捨ての割安な保険を発売している生命保険会社です。オリックス生命の医療保険CUREは特に人気の商品で、保険の見直しの際にはぜひとも検討に加えたい医療保険です。ファイナンシャルプランナー(FP)による保険見直し無料相談でも、医療保険が必要であればCUREを提案に加えてくるFPは多いと思います。

七大生活習慣病による入院だけ1入院あたりの保障日数が2倍

 CUREには保険料の安さという以外に大きな特徴が2つあります。1つ目の特徴は「七大生活習慣病による入院だけ1入院あたりの保障日数が2倍となり長期入院に備えることができる」という点です。通常の病気やケガによる入院の保障を60日と設定することで割安な保険料を目指す反面、長期入院が迫られる生活習慣病の場合には保障日数が120日となります。



ガン、急性心筋梗塞、脳卒中で入院したときに一時金が支払われる

 2つ目の特徴は、「三大疾病治療一時金」特約にあります。「三大疾病治療一時金」特約とはガン、急性心筋梗塞、脳卒中で入院したときに一時金が支払われるというものです。他の多くの保険会社の医療保険にも同様の特約をつけることができます。しかし多くの場合、三大疾病のうちの「心筋梗塞」と「脳卒中」については、前者は「60日以上の労働制限がある場合」、後者は「60日以上の後遺障害がある場合」にはじめて一時金が支給される、というような条件がついています。

 この「60日以上の労働制限、後遺障害」というハードルは結構高く、「心筋梗塞」と「脳卒中」になっても実際に給付金を受け取れる方はあまり多くないと言われています(この点、理解していない方はかなり多いので、医療保険で三大疾病関係の特約をつけている方はぜひ一度確認してみることをお勧めします)。一方、オリックス生命のCUREではこの「60日以上」という制限がなく、三大疾病のいずれかで入院した場合にこの「三大疾病治療一時金」が支給されます。その点が画期的な点の1つとして保険の専門家からは人気を得ています。


オリックスCUREの特徴


先進医療給付金の付加も可能

 このように特徴的な商品となっている上に保険料が安いというのが、CUREの人気の秘訣です。もちろん今流行りの先進医療給付金の付加も可能ですし、「保障は終身でも保険料の払込は60歳まで」といった選択も可能、と他の医療保険が持っている特徴はきちんとおさえてもいます、CURE LADYという女性専用医療保険もあり、女性特有の病気とガンについては入院給付金が上乗せされます。

 もちろん医療保険への加入が本当に必要かはきちんと考える必要がありますが、医療保険の見直しを考えている方にとって、CUREは検討しておきたい商品の1つです。




保険の無料相談で、月々の保険料が35,430円から18,029円に!
【なんと1年で、208,812円も安くなりました!】

>保険見直し相談で保険料を安くできる理由



累積相談実績100万件以上、契約継続率97%以上

なんでこんなにお得なサービスが無料なの!?<保険無料相談サービスの仕組を解説>
保険無料相談サービスとは

管理人が選んだ保険相談サイトランキングbest3

■関連記事
・医療保険EVER とCUREの保険料比較
・新CURE(オリックス生命)の評判と旧CUREとの比較
・メットライフ生命フレキシィ(Flexi)の特徴、評判。またメリット・デメリットについて
・プロが選ぶおすすめ引受緩和型医療保険ランキング2015年
・プロが選ぶお勧め医療保険ランキング2015年